ハイロック
SELECTED BY
ハイロック
実家が喫茶店ということもあって小学生の頃からコーヒーをハンドドリップで淹れる習慣が身についた。大人になった今でもその習慣は変わらず、美味しいコーヒーを毎朝ドリップすることで一日が始まる。そんな僕が何十種類とコーヒー器具を使ってきて、機能、デザイン、フィーリングと全ての要素を考えて、ひとつの結論に至った器具たちを紹介しよう。

〈ドーナツドリッパーとマウンテンドリッパー〉
まずコーヒーをハンドドリップするために必ず必要となるのが、ドリッパーとサーバーだ。ドーナツドリッパーはその名のとおり、ドーナツ型の木製の受け部と逆円錐台形の陶器を組み合わせたドリッパー。コーヒーは豆からいかにして旨味成分を抜き出すか、というとてもシンプルな科学実験のようなもので、その工程は、挽いた粉にお湯を通すだけ、やれることが決まっているので、ひとつひとつの動作や器具がとても重要になってくる。器具の中でもドリッパーは、その構造でほぼコーヒーの味が決まってしまうと言っても大げさではないほど重要。背の高いドーナツドリッパーと、構造はそのままに少し背を低くしたマウンテンドリッパー。僕はマウンテンドリッパーとウェーブフィルターの組み合わせで使っている。

〈 Pitchii(ピッチー)〉
サーバーは、ドリッパーから落ちてくるコーヒーを受けるためだけの器具。Pitchii(ピッチー)は、ハンドルを含めたすべてのパーツがガラスで作られたとてもシンプルなサーバー。どこか小鳥のような印象があるので、ピッチー(小鳥のさえずり)と名付けられたそうだ。僕がこのサーバーを選んだ最大の理由は、分量(cc)を計るためのメモリがプリントされてないところ。では、どうやって分量を計るのかというと、底面から台形に膨らんでいく突き出しの頂点までが、一杯分(200cc)そしてそこから、底面と同じ距離のところが、2杯分(400cc)、サーバーの8分目くらいのところが3杯分(600cc)ということになる。プリントでメモリを付ければ最も簡単に解決できるのだが、形のデザインの中に機能を組み込んだ秀逸なサーバーだ。ドーナツドリッパーだけでなく、どんなドリッパーにも合うので、その時の気分でドリッパーを変えてコーヒーライフを楽しんでいる。

〈コーヒーメジャーハウス〉
一杯で約10gのコーヒー豆を計量できるメジャースプーン。小田原の職人さんによる手作りのとても優しいプロダクトだ。立てて置いておくとムーミン谷にありそうな、えんとつ屋根のかわいらしい木製のお家が出来上がる。

ドーナツドリッパーとピッチーサーバー

¥2,200 ~ ¥2,970 (税込)
カートに入れる
ドーナツドリッパー(ホワイト)
¥2,970
ドーナツドリッパー(ブラック)
¥2,970
マウンテンドリッパー(ホワイト)
¥2,860
マウンテンドリッパー(ブラック)
¥2,860
ピッチー
¥2,585
コーヒーメジャーハウス(ウォルナット)
¥2,200
コーヒーメジャーハウス(ビーチ)
¥2,200
ドーナツドリッパー(1~3人分)
・サイズ
磁器:直径90×高さ100mm
ドーナツ板:直径110×厚さ10mm
・素材:磁器(白磁)・天然木ウレタン仕上げ(ホワイトアッシュ)
・台形フィルターの折り方をかえて使います。カリタ102サイズをおすすめしております。

マウンテンドリッパー(1~2人分)
ドーナツドリッパーの一人用として開発を始めたのですが、3種類のペーパー(円錐ペーパー、ウェーブフィルターはそのまま、台形ペーパーは折り方を少しかえて)を使うことができる形が思いつきこの形に。円錐ペーパーをそのまま使うことで素直な抽出ができるので、コーヒー豆本来の特徴を楽しむ浅煎りに向いていると感じています。
・サイズ
磁器:直径90×高さ70mm
ドーナツ板:直径110×厚さ10mm
・素材:磁器(白磁)・天然木ウレタン仕上げ(ホワイトアッシュ)

Pitchii(ピッチー)
・サイズ:口径75×高さ120×幅105mm・145mm(持ち手含)
・素材:耐熱ガラス(耐熱温度差120℃)
・直火・オーブン不可、電子レンジOK、食器洗浄儀OK
・職人さんに一つずつバーナーワークにて手作りいただいておりますので、多少の個体差があります。

コーヒーメジャーハウス
・サイズ
イエ:W40×D40×H50mm
全形:W40×D40×H125mm
・素材:天然木ウレタン仕上げ(ウォルナット・ビーチ)
出荷予定日:12時までのご注文で当日出荷(土日祝を除く)
送料:660円(沖縄・北海道 1,650円)
【ラッピング対応商品】
1 /
1 / 8